カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

第六代東京教区長土井辰雄枢機卿様司教座

この司教座の由来


土井枢機卿様
カトリック神田教会は古くは初代教区長 オゾーフ大司教様の時代、築地教会に司教座聖堂(カテドラル)が建設されるまで、一時的に仮司教座聖堂(プロカテドラル)として使用された記録が残されています。また第2次世界大戦の空襲により関口の司教座聖堂が焼失したため、1952年から1964年までの間、再びこの聖堂が東京教区の司教座聖堂として使用されました。ここに展示されている荘厳な椅子は土井枢機卿様(写真上)が司教座(カテドラ)として用いられたものです。

私たち神田教会はこの司教座を大切に保管し、東京教区を導く重責を担われた歴代の司教様方への感謝の念を捧げるとともに、教区長として働かれる東京大司教様のために祈ることを私たちの使命と考えております。

また、この司教座に座られた土井枢機卿様の前で司祭叙階を受けた数多くの司祭達(その中には白柳枢機卿様もおられます)のために祈ります。さらにはカテドラルとしてこの聖堂が用いられた意味を今日においても引継ぎ、東京全体の母教会としてほかの教会のためにも心を配る教会となることを目指します。それゆえ、教会の母である聖母マリアの取次ぎとご保護を願い、そのご像の下にこの司教座を保管します。

※カテドラルとは、司教座(カテドラ)の置かれている聖堂を意味し、その教区の母教会としての使命を担います。


司教座がある頃の神田教会聖堂内部
バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報