カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

お申込方法

①まず、下記の日時に、ご新郎様・ご新婦様のどちらかが(代理人は不可)、お電話で、確定した日時をお申込みください。

②日時が確定しましたら、申込み書類一式をお送りいたします。その中には詳しい説明書、正式契約のための書類等が同封されています。後日、詳細説明及び正式契約のために教会にお出でいただきますので、その日程等が記された用紙なども同封されています。

挙式に関する問い合わせ日時
TEL:03-3291-0861

火曜日・水曜日 午前10時~午後4時
金曜日午前11時~午後4時
土曜日・日曜日 午前11時~午後4時
※月曜日・木曜日、年末・年始は休止いたします。
※その他、事務の都合で休む場合もございます。

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.01.20 年間第二主日

     [そのとき、] ガリラヤのカナで婚礼があって、イエスの母がそこにいた。イエスも、その弟子たちも婚礼に招かれた。ぶどう酒が足りなくなったので、母がイエスに、「ぶどう酒がなくなりました《と言った。イエスは母に言われた。「婦人よ、わたしとどんなかかわりがあるのです。わたしの時はまだ来ていません。《 しかし、母は召し使いたちに、「この人が何か言いつけたら、そのとおりにしてください《と言った。そこには、ユダヤ人が清めに用いる石の水がめが六つ置いてあった。いずれも二ないし三メトレテス入りのものである。イエスが、「水がめに水をいっぱい入れなさい《と言われると、召し使いたちは、かめの縁まで水を満たした。イエスは、「さあ、それをくんで宴会の世話役のところへ持って行きなさい《と言われた。召し使いたちは運んで行った。世話役はぶどう酒に変わった水の味見をした。このぶどう酒がどこから来たのか、水をくんだ召し使いたちは知っていたが、世話役は知らなかったので、花婿を呼んで、 言った。「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、あなたは良いぶどう酒を今まで取って置かれました。《イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。(ヨハネ2・1-11)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報