カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

歴代司祭

就任順 氏名 就任年月 離任年月
ペティエ 神父 Pettier,Alfred-Eugène-Marie 1877(明治10)年7月 1879(明治12)年6月
2 ルコント 神父 Lecomte,Dosithée-Adolphe 1880(明治13)年6月 1888(明治21)年4月
3 パピーノ 神父 Papinot,Jaques-Edmond-Joseph 1888(明治21)年4月 1902(明治35)年10月
4 ドーメール 神父 1902(明治35)年10月 1904(明治37)年10月
5 ルセル 神父 1905(明治38)年1月 1905(明治38)年9月
6 シェレル 神父 Cherel,Jean-Félix-Marie 1905(明治38)年9月 1938(昭和13)年1月
7 パウロ 内野作蔵 神父 1938(昭和13)年1月 1940(昭和15)年10月
8 アントニオ 下山正義 神父 1940(昭和15)年10月 1942(昭和17)年1月
9 フランシスコ・ザビエル 志村辰弥 神父 1942(昭和17)年1月 1944(昭和19)年6月
10 シプリアーノ 佐藤光幸 神父 1944(昭和19)年6月 1989(平成1)年5月
11 P.アントニオ 泉富士男 神父 1989(平成1)年5月 1997(平成9)年4月
12 ミカエル 酒井俊男 神父 1997(平成9)年4月 2000(平成12)年4月
13 バルトロメオ 稲川保明 神父 2000(平成12)年4月 2007(平成19)年4月
14 アシジのフランシスコ 田中隆弘神父 2007(平成19)年4月 2013(平成25)年3月
15 ルカ 江部純一神父 2013(平成25)年4月  
バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.07.28

     [そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「だから、種を蒔く人のたとえを聞きなさい。だれでも御国の言葉を聞いて悟らなければ、悪い者が来て、心の中に蒔かれたものを奪い取る。道端に蒔かれたものとは、こういう人である。石だらけの所に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて、すぐ喜んで受け入れるが、自分には根がないので、しばらくは続いても、御言葉のために艱難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまう人である。 茨の中に蒔かれたものとは、御言葉を聞くが、世の思い煩いや富の誘惑が御言葉を覆いふさいで、実らない人である。良い土地に蒔かれたものとは、御言葉を聞いて悟る人であり、あるものは百倊、あるものは六十倊、あるものは三十倊の実を結ぶのである。《(マタイ13・18*23)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報