カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第8窓

第8窓
死者のうちから三日目によみがえったキリストを信じる。

この窓はキリスト教の一番大事な真実を、つまりキリストが一度陰府(よみ)に降ってから復活したことを表現している。「イエスは陰府(よみ)に降ったのは、罪人を救うためではなく、既にそこにいる正しい者を救うためである。」(「カトリック教会教理問答書」、166 項)

1 ・2 ・7 ・8 、復活を象徴している蝶々 。
3 、香料を持ってキリストの墓へ参る婦人たち。
岩の中で造られた墓の右側には、その入口を閉ざしていた石の上に天使が座っており、残った亜麻布を指している。岩の後ろから太陽が昇って行く。「週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。[. . . ]石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、[. . ]『 あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを探しているが、』 」(マル16章2 節)。
4 、以上と同じ空の墓の様子。右側には、柴の中でマグダラは庭師の姿を取ったキリストに挨拶をする。
この場面は、最初本人であることに気がつかなかった親しい人の目から復活の光栄を隠す秘密を表現している。
5 、「予言者ヨナの証」の表現。
魚の腹の中に三日間いたヨナは墓に葬られたキリストのシンボルとなった。「イエスは話し始められた。『今の時代の者たちは[. . .」しるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。』 」(ルカ11 章29 節)。
6 、教会の最古伝統による、陰府(よみ)にくだり、アダムとエヴァに向かって手を伸ばしているキリスト。
「わたしはあなたのためにあなたの子になった神である。[. . . ]寝ている者は目を覚ませ。陰府(よみ)に居残るためにあなたを造ってはいない。わたしが死者のために命であるから、生き返りなさい。」(「大なる土曜日の法話」から)。陰府は岩にある青い色の深い隙間として表現されている。キリストの周りには正義の日である輪光が見える。その下にある倒れている扉や鍵は陰府の開いている入口を象徴している。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報