カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第8窓

第8窓
死者のうちから三日目によみがえったキリストを信じる。

この窓はキリスト教の一番大事な真実を、つまりキリストが一度陰府(よみ)に降ってから復活したことを表現している。「イエスは陰府(よみ)に降ったのは、罪人を救うためではなく、既にそこにいる正しい者を救うためである。」(「カトリック教会教理問答書」、166 項)

1 ・2 ・7 ・8 、復活を象徴している蝶々 。
3 、香料を持ってキリストの墓へ参る婦人たち。
岩の中で造られた墓の右側には、その入口を閉ざしていた石の上に天使が座っており、残った亜麻布を指している。岩の後ろから太陽が昇って行く。「週の初めの日の朝ごく早く、日が出るとすぐ墓に行った。[. . . ]石は既にわきへ転がしてあった。石は非常に大きかったのである。墓の中に入ると、白い長い衣を着た若者が右手に座っているのが見えたので、[. . ]『 あなたがたは十字架につけられたナザレのイエスを探しているが、』 」(マル16章2 節)。
4 、以上と同じ空の墓の様子。右側には、柴の中でマグダラは庭師の姿を取ったキリストに挨拶をする。
この場面は、最初本人であることに気がつかなかった親しい人の目から復活の光栄を隠す秘密を表現している。
5 、「予言者ヨナの証」の表現。
魚の腹の中に三日間いたヨナは墓に葬られたキリストのシンボルとなった。「イエスは話し始められた。『今の時代の者たちは[. . .」しるしを欲しがるが、ヨナのしるしのほかには、しるしは与えられない。』 」(ルカ11 章29 節)。
6 、教会の最古伝統による、陰府(よみ)にくだり、アダムとエヴァに向かって手を伸ばしているキリスト。
「わたしはあなたのためにあなたの子になった神である。[. . . ]寝ている者は目を覚ませ。陰府(よみ)に居残るためにあなたを造ってはいない。わたしが死者のために命であるから、生き返りなさい。」(「大なる土曜日の法話」から)。陰府は岩にある青い色の深い隙間として表現されている。キリストの周りには正義の日である輪光が見える。その下にある倒れている扉や鍵は陰府の開いている入口を象徴している。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.04.21 復活の主日・日中のミサ

     週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。《そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。(ヨハネ20・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報