カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第7窓

第7窓
ポンシオ・ピラトのもとに、われらのために+字架につけられ、苦しみを受け、葬られた。

この窓は、旧約と新約、つまりイサクとキリストの犠牲を絵画的に現わしている。「わたしが来たのは律法や予言者を廃止するためだ、と思ってはならない。廃止するためではなく、完成するためである。はっきり言っておく。すべてのことが実現し、天地が消えうせるまで、律法の文字から一点一画も消え去ることけはない。だから、これらの最も小さな掟をーつでも破り、そうするようにと人に教える者は、天の国でもっとも小さい者と呼ばれる。しかし、それを守り、そうするように教える者は、天の国で大いなる者と呼ばれる。」(マタ5 章17 – 19 節)。

1 ・2 、子供に自分の身体を食べさせるペリカン。
これは、キリストが自分の身体を聖体をもって我らに食べさせる喩えである。
3 、受難による新約が結ばれたゴルゴタの岩。
岩のもとには、兵士たちに囲まれて十字架を背負っているキリストが見える。岩の真中には、杯が置いてある。「この杯は、あなたがたのために流される、わたしの血による新しい契約である。」(ルカ22 章20 節)。十字架のもとには、アダムの墓が見える。初期の伝統によると、キリストはアダムの墓のところに十字架につけられ、そして彼の血がアダムの骨にこぼされたのである。「キリストは[ . . . ]わたしたちの代わりにアダムの負債を払い反した。昔の罪の記録を自分の心から血を流して消したのである。」(復活祭の宣言)
4 、旧約を象徴しているシナイの山。
そのもとには十戒の板を持って髪の乱れたモーセの姿が見える。
5 、墓に葬られるイエスの身体。
「彼らはイエスの遺休を受け取り、ユダヤ人の埋葬の習慣に従い、香料を添えて亜麻布で包んだ。」(ヨハ19章40 節)。
6 、仔羊に喩えたキリストの犠牲を象徴している、モリア山でのイサクの犠牲。
下の部分に見える木の枝を持っているイサクは、十字架を背負っているキリストに相当する。「神はアブラハムを試された。[. . . ]彼が、『 はい』 と答えると、神は命じられた。『あなたの,息子、あなたが愛する独り子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。わたしが命じる山のーつに昇り、彼を焼き尽くす献げ物としてささげなさい。』」(創22 章1 – 2 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報