カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第6窓

第6窓
おとめマリアより御からだを受け、人となりたまえたイエス・キリストを信じる。

このステンドグラスはキリストの人格を表現しようとしている。

1 ・2 、愛と苦しみを象徴しているバラ。
3 、救世者が生まれる時刻を知り、星に導かれて遠く離れた国からやってきた三博士の礼拝。
彼らは、子供がメシアであることだと判って、イエスに敬意を表した。「『 私たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』 」「マタ2 章2 節)。
4 、エルサレムの入城は、受難の前の「ダビデの子」に対する敬意でもある。
その日、イエスに従う者たちは、「ホサナ(救い給え)」と叫ぶ神の子供たちや貧しい人たちである。「大勢の群衆は、イエスがエルサレムに来られると聞き、なつめやしの枝を持って迎えに出た。そして、叫び続けた。『 ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように、イスラエルの王に。』 」(ヨハネ12 章12-13 節)。この群衆の中には、後で「十字架につけろ」と叫ぶ者もいただろう。
5 、荒野で誘惑を受けるイエス。
「イエスは[. . . ]、荒れ野の中を(《霊》) によって引き回され、四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。」(ルカ4 章1-2 節)。誇り高い若者の姿を取ったサタンは、世界の支配力を約束してキリストからの敬意を待っている。この場面は、神である子に対する三博士の礼拝に対照している。イエスは、一般の人と同様に誘惑を受けていたが、神の臣下らしく神の意思に従うことにした。つまり、イエスは、最初のアダムが誘惑に負けたことに対して、誠実を守った新しいアダムである。
6 、群集の前、ピラトに取り調べられるイエス。
「イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、『 見よ、この男だ』 と言った。」(ヨハ19 章5 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報