カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第6窓

第6窓
おとめマリアより御からだを受け、人となりたまえたイエス・キリストを信じる。

このステンドグラスはキリストの人格を表現しようとしている。

1 ・2 、愛と苦しみを象徴しているバラ。
3 、救世者が生まれる時刻を知り、星に導かれて遠く離れた国からやってきた三博士の礼拝。
彼らは、子供がメシアであることだと判って、イエスに敬意を表した。「『 私たちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。』 」「マタ2 章2 節)。
4 、エルサレムの入城は、受難の前の「ダビデの子」に対する敬意でもある。
その日、イエスに従う者たちは、「ホサナ(救い給え)」と叫ぶ神の子供たちや貧しい人たちである。「大勢の群衆は、イエスがエルサレムに来られると聞き、なつめやしの枝を持って迎えに出た。そして、叫び続けた。『 ホサナ。主の名によって来られる方に、祝福があるように、イスラエルの王に。』 」(ヨハネ12 章12-13 節)。この群衆の中には、後で「十字架につけろ」と叫ぶ者もいただろう。
5 、荒野で誘惑を受けるイエス。
「イエスは[. . . ]、荒れ野の中を(《霊》) によって引き回され、四十日間、悪魔から誘惑を受けられた。」(ルカ4 章1-2 節)。誇り高い若者の姿を取ったサタンは、世界の支配力を約束してキリストからの敬意を待っている。この場面は、神である子に対する三博士の礼拝に対照している。イエスは、一般の人と同様に誘惑を受けていたが、神の臣下らしく神の意思に従うことにした。つまり、イエスは、最初のアダムが誘惑に負けたことに対して、誠実を守った新しいアダムである。
6 、群集の前、ピラトに取り調べられるイエス。
「イエスは茨の冠をかぶり、紫の服を着けて出て来られた。ピラトは、『 見よ、この男だ』 と言った。」(ヨハ19 章5 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.04.21 復活の主日・日中のミサ

     週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。《そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。(ヨハネ20・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報