カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第5窓

第5窓
われらの救いのために天より<だり、聖霊によっで、おとめマリアより御からだを受け、人となられたイエス・キリストを信じる。

この窓は、神の子が体を受ける神密を表現しようとしている。聖母マリアは、「[ . . . ]満ちあふれる神性が、余すところな<、見える形をとって宿って」(コロ2 章9 節)。いる人を生むように選ばれたのである。神の唯一の子として生まれた彼女の子は「キリスト」、つまり聖霊に油注がれた者である。キリストのすべての人生は、「神は、聖霊と力によってこの方を油注がれた者となさいました」(使10 章38 節)。ことを証明している。キリストがヨルダン川で洗礼を受けたとき、「聖霊が鳩のように目に見える姿でイエスの上に降って来て、『あなたはわたしに愛する子、わたしの心に適うもの』という声が、天から聞こえた。」(ルカ3 章2 2 節)。それは、イスラエルのメシアと神の子としてのイエスの自己啓示である。神の受肉を告白するには、人間は信仰の目を必要とされる。盲人を癒すことやダマスコへ行く途中の聖パウロの幻などは、そう言った「特別な視力]、つまり信仰のシンボルである。「わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、」(ヨハ1 章14 節)とある。

1 ・2 、その神秘的な花を見た人がいない羊歯。目は信仰を象徴している。
3 、聖霊による聖母マリアの受胎。
有名な画家Fra Angelicoの壁画をテーマにしている。
4 、ヨルダン川でのイエスの洗礼者。
洗礼者ヨハネとキリストは、ユダの砂漠に喩えられている岩や丘に囲まれている。左側には、キリストの普難を予告する羊が見える。
5 、ダマスコへ赴く若き聖パウロは、岩に囲まれで自分の見えない目を手で隠している。
仲間たちは恐れている馬を押さえている。十字架に架けられているキリストが光を浴びながら雲から現れてくる。「わたしがこの世に来たのは、裁くためである。こうして、見えない者は見えるようになり、見える者は見えないようになる。」(ヨハ9 章39 節)。
6 、生まれつきの盲人を癒すイエス。
上部には曲がりくねる道や、赤の部分にはレンブラントの有名な絵を喩えるエマオでの晩餐。「二人の目が開け、イエスだと分かったが、その姿は見えな<なった。](ルカ24 章31 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報