カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第4窓

第4窓
主はよろず世のさきに、父より生まれ、神よりの神、光よりの光、まことの神よりのまことの神。造られずして生まれ、父と一体なり、すべては主によりて造られたり。

この窓は、神の子、神の言葉、メシア、キリストなどと名乗られている三位一体の名を絵画的な表現に試みている。四福音書にはナザレのイエス、ヨセフの子などと書かれている。

1 ・2 、天使に囲まれた、キリストの名の伝統的な是初の二文字(XP)とIHS ( In Hoc Signo またはIesus Hominem Salvator )。
3 、「主」=「Kyrios」=「JHWH 」という言葉を象徴している窓。
この名は神の支配を意味している。イエスの名を主の意味で使うことはイエス自身を神として見なすことである。「このため、神はキリストを高く上げ、あらゆる名にまさる名をお与えになりました。こうして、天上のもの、地上のもの、地下のものがすべて、イエスの御名にひざまずき、すべての舌が、『イエス・キリストが主である』 と公に述べて、父である神をたたえるのです。」(フィリピ2 章9 節)。ステンドグラスには、イエス・キリストは、雷のような光に囲まれて、支配者のように立って左手に聖書(つまり神の言葉)を持っている姿で現されている。「顔は強く照り輝く太陽のようであった。」(黙1 章16 章)。
4 、神「イエス」(つまり「神は救い」)という名を告げられたヨセフの夢。
「[マリアは]」男の子を産む。その子をイエスと名付けなさい。」(マタ1 章21 節)。眠っているヨセフの上に天使が頭を下げて受胎告知の場面(ステンドグラスの上部)へ指を差している。「この子は自分の民を罪から救うからである。」(マタ1 章21 節)。「わたしたちが救われるべき名は、天下にこの名のほか、人間には与えられていないのです。」(使4 章12 節)。
5 、羊飼いたちにメシア(つまり油注がれた者=キリスト)の誕生を告げる天使。
その地方で羊飼いたちが野宿を[. . . ]していた。すると、主の天使が近づき、主の栄光が周りを照らした[. . . ]。『 大きな喜びを告げる。今日ダビデの町で、あなたがたのために救い主がお生まれになった。この方こそ主メシアである』。」(ルカ2 章8 – 11 節)。ステンドグラスの下の部分には、天から照らす光を浴びていろように見える羊飼いたちがいる。丘の上には、皆に注目されている天使が見える。その側には、イエスの質問に「あなたはメシア、生ける神の子です。」(マタ16 章16 節)。と答えているシモン・ペトロの姿が描かれている。
6 、高い山の上における不思議な変容のとき、イエスが自分の神なる栄光を三人の人に見せる。
雲から声が聞こえてくる:「これはわたしの子、選ばれた者。これに聞け。」(ルカ9 章35 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2019.04.21 復活の主日・日中のミサ

     週の初めの日、朝早く、まだ暗いうちに、マグダラのマリアは墓に行った。そして、墓から石が取りのけてあるのを見た。そこで、シモン・ペトロのところへ、また、イエスが愛しておられたもう一人の弟子のところへ走って行って彼らに告げた。「主が墓から取り去られました。どこに置かれているのか、わたしたちには分かりません。《そこで、ペトロとそのもう一人の弟子は、外に出て墓へ行った。二人は一緒に走ったが、もう一人の弟子の方が、ペトロより速く走って、先に墓に着いた。身をかがめて中をのぞくと、亜麻布が置いてあった。しかし、彼は中には入らなかった。続いて、シモン・ペトロも着いた。彼は墓に入り、亜麻布が置いてあるのを見た。イエスの頭を包んでいた覆いは、亜麻布と同じ所には置いてなく、離れた所に丸めてあった。それから、先に墓に着いたもう一人の弟子も入って来て、見て、信じた。イエスは必ず死者の中から復活されることになっているという聖書の言葉を、二人はまだ理解していなかったのである。(ヨハネ20・1*9)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報