カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス 第3窓

第3窓
唯一の主、神の御ひとり子、イエス・キリストを信じる。

この窓は原罪と、我らを原罪から救うために天から下って葬られた救世主のキリストの実在を絵画的に現わしている。

1 ・2 、罪や世界の調和を破るシンボルとして現わしている、アべルを殺しているカインの場面とウサギに噛み付くライオンの場面。
3 、最初の人間を誘惑して神に対して罪を被せた天使(つまり、サタンや悪魔)の罪を抽象的に語る窓。
教会の教えによると、その天使はもともと善い天使だったが、神と天国に対して自分の意志によって全面的に反抗したものである。堕落した天使をしのぎ、馬に乗っているキリストの像は黙示録に喩えられている。「そして、わたしは天が開かれているのを見た。すると、見よ、白い馬が現れた。それに乗っている方は、『誠実』 および『真実』と呼ばれて、正義をもって裁き、また戦われる。」(黙19 章11 節)。
4 、神に対する信頼、また神と共にいるという幸福状熊を象徴している楽園から逃げていくアダムとエヴァ。
ステンドグラスでは、神が自分の子供を呼び戻すように手を伸ばしている。しかし、逃げつづけるアダムとエヴァの心には創造の神に対する信頼が消え去った。人間が認め尊重すべき越えてはいけない限界を象徴している楽園の木は強風に乱されている。「このようなわけで、一人の人によって、罪が世に入り、罪によって死が入り込んだように、死はすべての人に及んだのです。」(ロマ5 章12 節)。
5 、幸福のエデンの園に対して苦労の園であるゲッセマネ。
ゲッセマネは孤独のイエスの精神的な苦しみを象徴している。その苦しみによって救世主は神に対する人間の信頼を挽回させたのである。「一人の罪によってすべての人に有罪の判決が下されたように、一人の正しい行為によって、すべての人が義とされて命を得ることになったのです。」(ロマ5 章18 節)。
6 、太陽で囲まれている聖母の像。
「お前のと女、お前の子孫と女の子孫の間にわたしは敵意を置く。彼はお前の頭を砕き、お前は彼のかかとを砕く。」(創3 章15 節)。処女マリアは月に立っており、そして彼女の足の下には蛇の形をしているサタンが見える。「また、天に大きなしるしが現れた。一人の女が身に太陽をまとい、月を足の下にし、頭には十二の星の冠をかぶっていた。」(黙12 章1 節)。

窓の配置

戻る

バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報