カトリック神田教会

St. FRANCIS XAVIER CHURCH

ステンドグラス


祭壇の中央正面にあるステンドグラスは、
細川晴美さんの作品です。
細川 晴美(ほそかわはるみ)

主な作品
カトリック神田教会
佐原カトリック教会
大垣市運動公園
千葉県流山市立図書館

マリア・テレサ・レクレフスカ(ヴィトラージェ工房)作のステンドグラス

第1窓 第2窓 第3窓 第4窓
第5窓 第6窓 第7窓 第8窓
第9窓 第10窓 第11窓 第12窓
 
第13窓 第14窓 2階  
ヴィトラージェ工房と設立者マリア・テレサ・レクレフスカの略歴
1956年 ヴィトラージェ工房の設立者であるレクレフスカ(1931年生)は、ワルシャワ美術大学を卒業(タペストリーを専攻)。卒業後2年間、パリの国立芸術学院とジャック・ル・シュバリエが主宰するアトリエ「ダールサクレ」にてステンドグラスを学ぶ。
1960 – 61年 ワルシャワの聖マーチン教会のステンドグラスを制作
1964 – 78年 ブロツラフの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。これらの作品で、1976 年に“ブラザー・アルバート賞”(ポーランドの宗教芸術分野で最も権威のある賞)を受賞。
1966年 スイスのアスコナ町にあるプールのステンドグラスを制作。
1976年 パリより帰国し、テレサ・レクレフスカ工房を設立。
1976 – 81年 ノビソンチの聖マルへリタ教会のステンドグラスを制作。
1979 – 81年 チェンストコバの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1981 – 83年 ブラツラフの聖アルバート教会のステンドグラスを制作。
1983 – 84年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作
1990年 現在のヴィトラージェ工房に改名する(因みにヴィトラージェとは、ポーランド語でステンドグラスのこと)。
1984 – 91年 ワルシャワの聖アンドリューポポラ教会のステンドグラスを制作。
1991 – 92 年 アニンの聖母マリア教会のステンドグラスを制作。
1991年 ワルシャワのボス・ホテルのステンドグラスを制作。
1992年 モストスタル建設会社会議室のステンドグラスを制作。
1993年 PZUポーランド国立保険会社本部のステンドグラス制作。
1993 – 94年 ブデクスポ建築国際見本市(ワルシャワにて)のステンドグラスを制作。
都立芝商業高等学校のステンドグラス、壁画モザイクを制作。
1995年 埼玉県熊谷市の熊谷警察署庁舎のステンドグラスを制作。
1995 – 1997年 東京千代田区のカトリック神田教会のステンドグラスを制作。
バナー
バナー

本日の福音

  • 2017.03.29

     [そのとき、イエスはユダヤ人たちにお答えになった。]「わたしの父は今もなお働いておられる。だから、わたしも働くのだ。《このために、ユダヤ人たちは、ますますイエスを殺そうとねらうようになった。イエスが安息日を破るだけでなく、神を御自分の父と呼んで、御自身を神と等しい者とされたからである。そこで、イエスは彼らに言われた。「はっきり言っておく。子は、父のなさることを見なければ、自分からは何事もできない。父がなさることはなんでも、子もそのとおりにする。父は子を愛して、御自分のなさることをすべて子に示されるからである。また、これらのことよりも大きな業を子にお示しになって、あなたたちが驚くことになる。 すなわち、父が死者を復活させて命をお与えになるように、子も、与えたいと思う者に命を与える。また、父はだれをも裁かず、裁きは一切子に任せておられる。 すべての人が、父を敬うように、子をも敬うようになるためである。子を敬わない者は、子をお遣わしになった父をも敬わない。はっきり言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをお遣わしになった方を信じる者は、永遠の命を得、また、裁かれることなく、死から命へと移っている。

    はっきり言っておく。死んだ者が神の子の声を聞く時が来る。今やその時である。その声を聞いた者は生きる。父は、御自身の内に命を持っておられるように、子にも自分の内に命を持つようにしてくださったからである。また、裁きを行う権能を子にお与えになった。子は人の子だからである。驚いてはならない。時が来ると、墓の中にいる者は皆、人の子の声を聞き、 善を行った者は復活して命を受けるために、悪を行った者は復活して裁きを受けるために出て来るのだ。 わたしは自分では何もできない。ただ、父から聞くままに裁く。わたしの裁きは正しい。わたしは自分の意志ではなく、わたしをお遣わしになった方の御心を行おうとするからである。《(ヨハネ5・17*30)

  • 聖書 新共同訳: (c)共同訳聖書実行委員会 Executive Committee of The Common Bible Translation (c)日本聖書協会 Japan Bible Society , Tokyo 1987,1988

新着情報

過去の新着情報